息子を中学受験させることになったきっかけは、夫がぜひ息子を慶応大学に進学させたいと常々言っていたからでした。夫の兄弟もみな慶応大学出身で、できることならば中学から慶応大学の系列校に進学させ大学につなげたいとのことでした。恥ずかしながら私は中学から女子校育ちで、受験の厳しさというものには無縁でしたので、まずはプロのお話を聞こうと進学塾に伺ったところ、慶応大学の系列中学校に入学させるにはそれなりの受験対策と本人の努力が必要になると聞き、あわてて息子を入塾させました。
息子もはじめは乗り気でなかったのですが、大好きな父や叔父たちに「お前も立派な慶応大学生になるんだぞ、頑張れ」とことあるごとに声をかけてもらったことが励みになったようです。塾の中でもしっかりと受験対策に励んで上位をキープし、念願の系列中学に合格することができました。遊び盛りの子に受験対策を強いるのは親のエゴではと感じていたこともありましたが、中学で立派にやっている息子の姿をみると息子自身のためにも早めに動いてよかった、と心から思います。

Comments closed.